口座開設しなくてもオッケー!


sdf94 FXでは為替レートがリアルタイムで変動しているので、チャートを見ながら取引することが必要です。一般的にはFX会社でチャートを表示できる取引ツールがご用意されていますが、口座開設することが条件です。

しかしFX取引の際によく利用されているメタトレーダー4なら、特に口座開設しなくてもどなたでも無料で利用することが出来ます。ネットでソフトをダウンロードしパソコンにメタトレーダー4をインストールするだけと簡単です。

複数のチャートを表示させ、異なる通貨ペアの値動きを一つのモニターで確認することが出来ます。スキャルピング手法が得意な方は1分足で、デイトレードが得意な方は5分足で、スイングトレードが得意な方は日足で、得意な取引手法に合わせたチャートを表示することが出来ます。

メタトレーダー4にはトレンド系インジケーターやオシレーター系インジケーターなどがデフォルトでご用意されています。インジケーターによるテクニカル分析をよく行うトレーダーの方にも大変便利なソフトです。さらに右クリックから素早く発注できたり、システムトレードすることだって可能です。

裁量取引では早い為替レートの動きについていけないことがあります。乱高下している相場だと躊躇してしまう事が多いですが、システムトレードなら機械的に 売買しますので躊躇しないです。スキャルピングでは新規注文が約定したら決済注文が約定するまでパソコンの前から離れられなくなりますが、システムトレードならパソコンの前から離れていても大丈夫です。

その代わりに今の為替相場に通用するルールをプログラミングしてあるEA(エキスパートアドバイザー)を準備しないといけないです。もし通用しないEAを運用してしまうと、気が付いた時には損失が膨らんでしまうことがあります。その通用するルールを考えるのもかなり難しいので、システムトレードを成功させ るにはかなりハードルが高いです。

しかしメタトレーダー4ならバックテストすることが出来ます。準備したEAが過去の為替相場でどんなパフォーマンスを見せたか運用する前にチェックすることが出来ます。あくまでも過去の為替相場での結果であり、将来もその通りのパフォーマンスを見せる保証はないです。

そのときはフォワードテストで仮想的に将来のパフォーマンスを検証することも出来ます。フォワードテストと言っても現在よりも未来の為替相場でテストする ことはできないです。そこで過去10年の相場データを準備し、過去8年間でバックテストし、残りの2年間でフォワードテストすると言った方法があります。バックテストよりフォワードテストのほうが結果が良くない傾向があります。

All Rights Reserved at メタトレーダー4.com